うがい

うがいだけではクンニでの性病の感染は防げない

クンニした後に、しっかりうがいするという方もいますよね。

これはフェラの場合も同じで、口の中に菌が入ったら困るということで実践している方も多いです。

しかし、うがいをしたとしても、クンニが原因で性病になることはあります。

もちろん確率自体はそこまで高いということではないものの、もともと性病を既に持っている女性に愛撫した場合、うがいだけで対応できるかというと、答えはノーとなります。

オーラルセックスは快感も大きいですし、相手との楽しいセックスを盛り上げる要因にもなります。

その一方で、更にリスクがあることも知っておくことが必要となりますね。

もちろん、このようなリスクを回避してプレイできる場合は、その方が良いに決まっています。

クンニをし終わった後うがいをしても無駄?

オーラルセックスをする男性の中には、「口だから性病に感染しないでしょ」と思っている方もかなり多いです。

こういう認識の甘さによって、舐める事から性病を貰ってくるという男性も多いのです。

当然、「口なのになんで病気になるの?」という疑問もあるでしょう。

基本的に男性がクンニなどの所謂オーラルセックスで感染する病気はうがいをしても無駄な種類のものは色々とあります。

うがいや消毒をしても体内に性病の菌がクンニで入る

うがいをしても淋菌感染症やクラミジア感染症、ヘルペス感染症、梅毒などがその一種です。

これらの病気に関しては、口だけでなく手などから感染することもあります。

確率はとても低いですが、例えば手マンをした男性がそのまま飲食をすると、口に菌が入ることもあります。

クンニの場合は直接舐めるわけですから、当然菌が口の中に入ってくることもわかりますよね。

ゴムを付けてもうがいをしてもオーラルセックスから感染する事が多い

まずはクンニで病気になるという認識をしっかりと持つことが重要です。

とは言っても、なかなか病気になる人が少ないからこそ、こういった種類の認識が甘い方も多いです。

確かにこれらの感染症になる確率は低いです。

特にオーラルセックスの場合は、さらに高くないと言って良いでしょう。

なぜなら、そもそも感染源が少ないためとも言えます。

男性自身、性病を持っているような女性とプレイすることは普通にしていれば少ないでしょう。

遊び人や風俗関係者、夜の仕事などではない限り、そもそも性病を持った女性と楽しんでプレイするということは少ないです。

その点を考えると、ある程度は安心できると思います。

しかし、うがいに関係なくもちろんそういう遊びをしていなくても、性病を持っている女性はいます。

うがいだけではクンニで性病を移される可能性は予防できない

うがいでは女性器に限らず、性器というのは外界からの影響を受けることもかなり多く、それによって性的な病気になることもかなり多いのです。

だからこそ、しっかりと考えて使っていくことが必要となるワケです。

クンニの場合はクリトリスだけで済ませる方も多いものの、うがいしても性器の中に舌を入れるという方もいますよね。

そういう方は余計にリスクを大きくしてしまっているので、オーラルセックスの仕方についても考えておくことが必要となります。

オーラルセックス自体が悪いことだとは言えないので、やり方やパートナーとのプレイに注意してみましょう。

気を付けてプレイするだけで、ある程度は対応することもできるでしょう。

もちろん症状が出た場合は、すぐに病院にいくことが必要です。

うがいや消毒をしても性病感染は防げない?

なお、良くない認識としては「うがいをすれば大丈夫」ということです。

これに関しては、インターネットでも色々な情報が出ているものの、基本的にうがいだけで性病を防ぐことは難しいです。

そもそも風邪などとは違った菌となるので、うがいでどうにかなるものではないです。

感染する可能性自体が少ないので、うがいしたことによって「予防できている」と勘違いする男性も少なくありません。

クンニやフェラというのは、直接性器と口が触れ合うものなので、性病の有無に関わらず注意しておいた方が良いと言えるでしょう。

プレイすること自体は悪いことではないので、安心して楽しめるようにパートナーと話し合っていくことが必要となりますね。