種類

犬種によってはバター犬には不向きな種類もいます

種類を調べてバター犬を利用してみたいと思っている女性も多いかもしれませんね。

自慰行為に使うためにバター犬を調教して使っているという方もいます。

もちろん犬を愛しているからこそできることなので、愛情を持って使っている方が多いでしょう。

しかし、犬の中にはバターが嫌いな個体もいますし、舐めることが習慣にならない個体もいます。

また、大型の犬種よりも小型の犬種の様が良いということも聞きます。

基本的に何が正解ということは言えないのですが、向いている種類とそうでないタイプがいるということです。

その点を理解して、犬と信頼関係を築いて行くことが必要となるかもしれませんね。

今回は、おすすめの犬種やこの作り方に関して紹介します。

胸おっパイを大きくする方法


種類だけでなくしつけ方も重要になってきます

まず、バター犬に向いている犬種については、具体的に「トイプードルが良いよ」ということや、その中でも「マルチーズがおすすめ」ということはここでは言えません。

これはオナペットに関しては、種類や犬種によって異なるというよりも、個体によって違ってくると考えた方が良いです。

当然マーガリンが嫌いな個体もいれば、ずっと飽きずにクンニして舐めているくらいの個体もいます。

それぞれの種類が好きな調味料によっても変わってきますよね。

調味料とはいっても、色々な種類があり、タイプにも人間にも好き嫌いがあります。

上手にパートナーにするには、それらの相性をしっかり理解することが必要となります。

もちろん個体によって異なるので、具体的に何が良いのかということは言えないのが正直なところです。

犬種だけでなく本来持つ性質がバター犬に向かない種類もいます

まず、向いているかどうか判断する方法としては、種類は調味料を実際に舐めさせてみて、その犬の反応を見てみましょう。

ずっと舐めているくらい好きということであれば、自分のアソコに塗ってみて、徐々にゆっくりと舐めさせていくというようなタイプの定番の方法もあります。

舐めることに慣れてくると、マーガリンを塗らなくても舐めてくれるようになると言われています。

これを塗る振りをするだけで舐めるようになるので、オナニーの時などに活用するという女性もいますね。

実際、オナニーに関しては人によって方法も異なるし、オナペットを使っている女性というのもいます。

日本ではなかなか聞かないかもしれませんが、海外ではメジャーな自慰行為の一つとも言えますよ。

上手に舐めるようになれば、飼い主が舐めてもらいたい時に舐めてもらうことができます。

どの種類でもやり方次第では育てられる?

もちろん、相手は犬なのでリスクも考えて利用することが必要となりますね。

また、犬によっては嫌がる種類もいるので、そういう場合には無理にさせないことが重要です。

クンニするバター犬の作り方に関しては、とにかくマーガリンが好きなことを前提として下さい。

その種類が好きかどうかについては、実際に舐めさせて確認する方法しかありません。

全くなつかない種類では怪我をしてしまう危険もあります

舐めさせてみて、反応が良いということであれば、定期的に自分のアソコに塗ってみて、それを舐めさせる訓練をさせてみて下さい。

そうすれば、どの種類も飼い主が悦ぶところを見て、褒めるだけで舐めてくれるようにもなります。

素直な性格の犬ほど、忠実にオナペットになってくれるかもしれませんね。

絶対にこの種類が良いという決まりはない

なお、性格に関しても重要で、犬の性格によってバター犬に向いているかどうかも変わってきます。

当然、飼い主のことが好きで、飼い主が悦ぶように行動してくれる種類は、これにも向いていると言えます。

つまり、忠誠心が高く、人に優しい犬種の方が向いていると言えますね。

犬種は近年色々なものがあるので、その中から選んでいくことが必要となります。

ペットショップの店員に聞くことはできないので、「優しい性格の子を」というように、パートナーを探していきましょう。

もちろん調教方法によっては、犬が自らバター犬になってくれることもあります。

上手に活用すればするほど、種類によっては賢いので、どんどんクンニのテクニックも身に付けてくれるでしょう。