発熱

鼻水が止まらない発熱はクンニをしたせい?

セックスの時、クンニしてもらう女性もいれば、オーラルセックスするという男性もいますよね。

しかし、舐める行為には発熱や性病の悲劇になることもあります。

もちろん普通の女性にクンニするくらいであれば大丈夫ですが、例えば夜の店で働く女性や風俗で働く女性、遊び人の女性にこれをする時は注意した方が良いかもしれません。

当然、経験人数が多ければ多いほど、性病を持っている可能性があるので、無闇な舐め攻めは避けた方が良いかもしれませんね。

そもそもオーラルセックスに関しては、性病にならないと思っている方も多いものの、普通に性病になってしまうことも多いので注意することが必要となります。

色々と楽しめる内容となっているからこそ、実際にクンニもオーラルセックスの代表的なプレイとなっています。

風邪ではない?鼻水が出たり発熱したらどうする?

その上でしっかり注意しておくことが必要となるでしょう。

中には、クンニすることによって発熱したり、鼻水が出たり、症状に悩まされた方もいます。

女性側としても定期的に性病の検査をしておくことが必要で、これがパートナーにオーラルセックスしてもらう時は、これには十分注意しておきましょう。

もちろん雰囲気でセックスを楽しみたいという方は、わざわざ相手が舐めようと思っている時に「性病があるかもしれないから止めて」とは、やはり簡単には言えませんよね。

それが色々な病気の原因になってしまうこともあるので、発熱後心配な場合はオーラルセックスなどを極力、避けておいた方が安心だと言えます。

もちろん、それでも楽しみたいという場合は止めません。

毎回、クンニして発熱するならアレルギー?

病気になる確率自体は、そこまで高くはないです。

そのため、普通のオーラルセックスを楽しむ程度であれば、発熱しても問題だとは言えないでしょう。

ただ、例えば男性の中には風俗嬢と遊んでクンニするという方もいるかもしれませんね。

普通の彼女やパートナーとのプレイに関しては病気を持っていることが少ないものの、夜の店で働く女性は不特定多数の男性とプレイしているので、これが結果どのような菌を持っているかわかりません。

だからこそ、慎重に行動することが必要となるのです。

女性側としても、定期的な性病の検査が予防に繋がるので、しっかりと検査しておきましょう。

病気に関しては、発熱や鼻水の他にも頭痛やめまいなど色々な症状と複合して現れることもあるので、注意したいですね。

体液に対してアレルギーがある可能性は?

主にオーラルセックスで感染する可能性としては、淋菌感染症やクラミジア感染症、ヘルペス感染症、梅毒などが少なからずあります。

これらの病気に関しては、男性に症状が出るものが多く、発熱や鼻水の他にも色々な症状を引き起こします。

特に下腹部系の病気が見られることも多く、泌尿器に支障をきたすこともあります。

もちろん、そこまで頻繁に感染するものではないので、過度に心配する必要はありません。

しかし、発熱などの症状が出た場合は、すぐに病院に行くことが必要となります。

発熱の原因はクンニ?症状を確認しましょう

放置しているという方もいますが、この手の病気は放置しない方が安全に治すことができます。

もちろん治らないということはないので、感染してしまっても病院にしっかり行けば大丈夫です。

発熱した理由がわからないと不安が付きまといます

注意したいのは、とにかくクンニなどのオーラルセックスをする時についてです。

オーラルセックスは性的な刺激も強いことから、フェラや舐める事をするという方も多いです。

普通のセックスよりも、発熱後は相手に満足感を与えられるという充実感もあります。

しかし、プレイする時は注意しておきたいこともあるので、十分気を付けておきたいですね。

口でプレイするというのは、口に影響する病気もその分影響を与えられやすいということとなります。

その点はしっかり理解して、プレイを楽しんでいくことが大切ですね。

しっかりと楽しみたいという場合は、発熱が無くても性病の検査を定期的に行い、相手とのプレイを大切にすることが重要です。