動画

漫画や映画などの動画を探してみましょう

ネットで動画を探すとバター犬に関しては、日本ではエロ系のメディアで取り上げられる題材となっていますね。

ある時はエロオヤジが女性にセクハラする時に表現したり、動画でも性的な漫画やアニメなどで男性がクンニすることをバター犬と言ったりすることもあります。

しかし、もともとは日本の漫画から出てきたのが初めてと言われており、ある漫画家の作品に登場するキャラクターから実際は始まったと言われています。

犬は現代では一般的な可愛らしいイメージがあるものの、昔は畜生とも呼ばれていたこともありますし、これはダメ人間のことを、ここでは常に犬に例えて言われていたこともあります。

バター犬は、どちらかというと厭らしい人間やセクハラ気質の人間に使う言葉としても定着したワケです。

動画や漫画のシーンは加工されている?

動物愛護団体から動画に対するクレームもあります

その一方で、動画などでは本当にバター犬に舐めさせるという企画ものが多くなっています。

バターを身体中に塗り、それを犬に舐めさせることによって快感を得るというものですね。

実際にオナニーなどの自慰行為に利用している女性もいて海外でも利用者はいます。

簡単な「おすわり」や「ふせ」を覚えられる犬であれば、バター犬に丁寧に調教することも可能です。

思っているよりも登場している動画のシーンは少ない?

もちろん、犬への愛情は忘れないようにすることが重要で、その上でバター犬にしていく段階が必要ですね。

もともと漫画の下品なキャラクターとして登場したこともあり、日本ではあまり良いイメージが昔からないというのが、一番の今の正直なところです。

しかし、パートナーとの信頼関係があるからこそ、クンニができることだとも言えますね。

もともと漫画の作品に登場することが多く、それと並んで動画などの企画作品にちらほら登場するというような感じです。

コアなジャンルだけに、利用者も比較的限られており、知っている人は知っているが、知らない人は全く知らないというのもやはり数ある特徴の一つです。

エロくて下品な男をバター犬と表現するのか、動画で本当に犬を調教させて利用しているのかによっても捉え方が変わってきます。

それぞれの作品や映像によって立場が異なっているので、その点は利用者が上手に解釈していく必要がありますね。

作品に登場する以外では、またこれが現実にオナニーのパートナーとして利用している方も多いです。

動画はネットで探せば簡単に見つけることができます

現実問題としては、犬を大切に扱っていないと思われることがあるものの、クンニする動画は密室で行われていることなので、全てを把握することはできません。

もちろん、犬が喜んで飼い主の性器を舐めている場合もあるため、現実的に利用している方が多いのも特徴と言えるでしょう。

悪いことのように認識している人もいるものの、犬は昔から人間に家畜化されてきたものなので、当然、それは調教の一つとして捉えている方もいます。

漫画や動画で世の中に拡散された?

これに関しては、遊びという面もありますし、犬が喜んでいることも考えると正当な調教の一つの種類だと言って良いでしょう。

興味があるという方は、犬にバター犬としての調教を時間を掛けてしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、動画でも飼い主が喜べば犬もそれに合わせてプレイしてくれるようになりますよ。